ヘアメニュー|富士市のサロンドブー

パーマ(シャンプー・カット・ブロー込)

サロンドブーでは、アミノイオン水の濃霧で毛髪内部まで保湿しながらかけるプルームパーマをご用意しております。プルームパーマは、TVや雑誌で取り上げられ話題になっているダメージレスの新しいパーマの技術です。

※表示価格はすべて税込価格となっております。

デザインパーマ S:¥9,300 M:¥9,800 L:¥10,300
デジタルパーマ ¥11,600~
ポイントパーマ ¥7,500~
特殊パーマ ¥15,000~
プルームパーマ ¥12,200~

セット・着付け・メイク・日焼けなど

※表示価格はすべて税込価格となっております。

プルームミスト ¥600
EXT(1本) ¥420
フェルモ 1シート¥9500
セット ¥4,000~
着付け ¥3,100~
メイク ¥3,600~
日焼け(KHL mega Sun7900/10分) ¥1,000
時間外(30分) プラス¥500
ロング料金(肩より20cm以上) プラス¥1,000

通常パーマとデジタルパーマの違い

デジタルパーマとは、熱を使うため髪の形状を強く記憶させることができるホットパーマの一種です。形状記憶パーマとも呼ばれており、多くの美容室でメニューに名前があるので、目にしたことがある方は多いと思いますが、そもそも通常のパーマとどのような違いがあるのでしょうか。

熱を使って形状を記憶

パーマの種類を大きく2つに分けると、熱と薬剤を使うホット系と、薬剤のみ使用するコールド系に分けられ、デジタルパーマはホット系、通常のパーマはコールド系になります。通常のパーマは髪が濡れている時に強いカールが出るのに対し、デジタルパーマは乾いた時に強くカールが出るのが特徴です。熱を使うことで髪が傷むのではないか不安に思う方もいらっしゃると思いますが、デジタルパーマは専用の機械によって温度管理を行うため、通常のホットパーマより髪のダメージを抑えることができます。

通常のパーマをおすすめする人とは

コールド系パーマと呼ばれる通常のパーマはトップのボリュームが出しやすく、前髪の操作がしやすい点と、ふんわりとしたパーマの動きが出しやすい点が特長となっています。デジタルパーマと違って、乾くとカールが出にくいですが、スタイリング剤に「保湿するベース剤」と「カールを保つための仕上げ剤」を使うだけでカールが出るようになります。デジタルパーマと比べると、かっちりと固まらないため、柔らかい雰囲気をだしたい方に最適なパーマの方法です。

デジタルパーマをおすすめする人とは

デジタルパーマは形状を記憶する力が強く、通常のパーマだとカールがすぐにとれてしまうといった髪質の方や、クセ毛の方にもおすすめです。 また持続性も高く、髪を乾かすとパーマをかけた時に近い状態に戻るため、毎日のスタイリングにあまり時間をかけたくない方や、ワックスやムースなどの整髪料を抑えたい方などにも向いています。ただし通常のパーマと比べて時間がかかってしまう点、ブローをしても完全にストレートにならず、カールが残ってしまう点、前髪の立ち上げが苦手な点などに注意が必要です。

サロンドブーでは、また、髪の長さによっては通常のパーマをおすすめすることもあります。事前にスタリストにご相談ください。サロンドブーでは、デジタルパーマを始めとして、デザインパーマやポイントパーマなどの多彩なメニューを、お客様に最適な方法を選ばせていただきます。もちろん通常のカットやカラーも行っておりますので、富士市で美容室をお探しの方は、ぜひ一度サロンドブーにご来店ください。サロンドブーでは、新発想マイナスイオン水の霧でかけるデジタルパーマ「プルームパーマ」もおすすめです。